頭皮ケアのススメ!

シャンプーの種類と特徴

2016年08月04日 18時02分

  • シャンプーの目的を再確認しておこう!
 
シャンプーを選ぶことは頭皮ケアにとって大切です。頭皮ケアに効果的なシャンプーやトリートメントも市販されています。頭皮が乾燥するのを防ぐシャンプーも人気ですね。今回は【シャンプーの目的の再確認】についてご紹介します。
 
シャンプー選びの前にまずは、シャンプーの目的をしっかり理解しておくことが大切です。勘違いしているケースで多いのがシャンプーの目的を「髪の毛の汚れを落とすこと」と思っていることでしょう。
 
ですが実際にお湯だけでの素洗いで髪の毛の汚れの80%は落とすことが可能です。お湯だけでは落とせない汚れがあるのですが、それが頭皮にとって余分な皮脂や毛穴詰まりになります。
 
シャンプーの本来の目的は髪の毛を洗うことではありません。頭皮を洗うことです。この目的を意識しないでシャンプーを選んでしまうと頭皮トラブルになってしまいます。
 
  • シャンプーの種類と特徴
 
1番目は「高級アルコール系シャンプー」です。
高級という意味は高額ということではなくて、炭素数が大きいという意味です。炭素数が大きいとそれだけ泡立ちもよくなって洗浄力が高いのです。
 
「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」などの合成界面活性剤を主成分としています。現在、マーケットで一番流通しているタイプで、コマーシャルや広告で見かけるのもコレに該当します。
 
メリットとしては、泡立ちがよくて比較的リーズナブルな料金であることです。香りもよくて洗い上がりも良い点があげられます。
デメリットは、脱脂力が強く刺激が強いことにあります。
 
「高級アルコール系シャンプー」は気軽に購入できて使いやすいので大勢の人が愛用しています。ですが、実際には洗浄力が強くて頭皮の負担になります。フケ・かぶれなどトラブルを引きおこすことも多いです。頭皮トラブルがなくて脂性肌や普通の人におすすめできるシャンプーが「高級アルコール系シャンプー」です。
 
2番目は「石けん系シャンプー」です。
名前の通りですが石けんを主成分にしています。お値段も「高級アルコール系シャンプー」よりもさらに安いタイプが多いです。身体に害のないシンプルな配合です。愛用者も少なくないです。
 
メリットはお値段が比較的安いことで、身体に有害な成分が含まれていないことでしょう。
デメリットは、洗い上がりがごわつくことです。また洗浄力や脱脂力が強く刺激になります。
 
一番のデメリットはアルカリ性であることでキューティクルが開いてしまうことでしょう。洗い上がりはゴワゴワした感触になります。洗浄力も強いですからトラブルを持っている頭皮には刺激になることがあります。ベタつきがちな脂性肌の人にはお勧めできるでしょう。
 
3番目は「アミノ酸系シャンプー」です。
頭皮にとっても優しくて低刺激。負担の少ないシャンプーになります。アミノ酸洗浄成分を種セブンとします。アミノ酸はもともと身体の中でも作り出される成分ですから安心できます。
 
髪の毛はアミノ酸から構成されるタンパク質で作られます。アミノ酸を補うことによって生き生きした健康的な髪の毛になることが期待できます。皮脂は頭部を外部の刺激から守ってくれる役割があるので流しすぎもよくありません。この皮脂をほどよく残してくれると同時に余分な汚れをきちんと取りのぞいてくれます。まさに理想的な頭皮ケアを実現してくれるシャンプーです。
 
メリットとしては、脱脂力や洗浄力はどちらも適度になっていて低刺激タイプですから頭皮への負担が極めて少ないです。
デメリットは料金面。アミノ酸の原料が高いですから比較的高額な販売価格になっています。
 
トラブルを抱えている頭皮ケアに最適なシャンプーとして注目されているのがこれです。唯一のデメリットは他のシャンプーよりもお高いという点です。ふけ・痒み・抜け毛・薄毛・ニキビ・匂いなど頭皮トラブルを抱えている人や敏感肌や乾燥肌の人におすすめです。
 
  • 頭皮トラブルにはアミノ酸系シャンプーが有効
 
痒み・ニキビ・痒み・薄毛・抜け毛・ふけ……こんな悩みを持っている頭皮の人は正しいシャンプーを選ぶことによって頭皮のコンディションは改善します。シャンプーはもともとの役割は頭皮の皮脂や汚れを落とすことです。洗浄力が強すぎると頭皮トラブルのものになりますから適度な洗浄力でりそうてきな頭皮環境をもたらしてくれるシャンプー選びが大切です。
 
ではどのようにシャンプーを選んでいるのでしょうか?
大抵の人は「ずっと使っているから」「安売りをしていたから」「コマーシャルを見て」「香り」「リーズナブルな料金」などが理由でしょう。
 
ですが、シャンプーはほぼ毎日利用するものです。頭皮にはとても影響力があります。深く考えないで選んだシャンプーが原因で重篤なトラブルになることもあります。シャンプー選ぶは慎重に賢く選ぶことが大切です。
 
ポイントは次のようなことに注意してください。
  1. シャンプーの効果と特徴を確認すること
  2. 頭皮に優しいタイプであるかどうか
  3. 内容量と値段の確認
  4. 一度使ってみること
 
トラブルを抱えている頭皮とはどんな状態でしょうか?頭皮環境が悪化しているのでとても敏感になっています。そんな場所に高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーを使ってしまうとどうなります?刺激を感じてしまって頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。さらに頭皮の症状を悪化させてしまうので注意が必要です。
 
刺激が低くて頭皮環境を整えてくれるのが「アミノ酸系シャンプー」です。
頭皮トラブルを本気に改善したいならば、一度は使ってみる価値はあるでしょう。最近はさまざまなタイプのアミノ酸系シャンプーが市販されています。無添加ものや発毛効果が期待できるものもあります。返金保証金つきのシャンプー多いです。一度試してみたい人も安心できるのではないでしょうか?