頭皮ケアのススメ!

頭皮ケアのススメ

  • ドライヤーを使う場合の乾かしすぎに注意しましょう。
頭皮ケアシャンプーは薄毛・抜け毛に効果があると言われています。シャンプーあとの注意をご紹介しておきましょう。ヘアケアに大切なことはキューティックルを保持することです。それにはしっかりと髪の毛を乾かすことが大切です。濡れた髪の毛同士が擦れてしまうとキューティクルが剥がれてしまうからです。
 
ですが、それも限度があります。必要以上に乾燥させるのは理想的ではありません。男性の場合は自然乾燥だけですましている人も多いでしょう。これはよくありません。摩擦によって髪の毛が傷んでしまう原因になります。パサパサした髪の毛になってしまいます。
 
理想的にはタオルドライで拭くのではありません。どちらかと言いますと「髪の毛を押さえる」イメージです。水分をタオルで水分を吸収します。そのあと、ドライヤーを使うといいでしょう。
 
至近距離からドライヤーを使って熱気を長時間吹き付けるのはダメージヘアになります。ほど良い時間と距離を意識してください。髪質を維持するにはドライヤーの風の当て方も大事です。髪の毛の根元から先端に向けて当ててください。
 
まとめておきますと、タオルドライをしてドライヤーで8割ほど乾かします。そのあとは適度な潤いを維持させるために自然乾燥をさせます。キチンと乾ききる前に寝てしまったりブラッシングしたりはダメです。髪の毛を傷つけてしまいます。
 
 
 
  • プラス1分のすすぎをすることで、より一層血行の促進ができて頭皮ケアには有効です。
スカルプシャンプーは頭皮ケアに最適のシャンプーですが、頭皮の血流をより促進するとさらに効果が上がります。では、どうすればいいのでしょうか?シャンプーをした後に、シャワーのお湯を後頭部から頭頂部に向かって1分を目安にして余分にすすぎをしてみてください。本来の血液の流れに沿ってシャワーをするわけです。これだけで相乗効果があるので覚えておきましょう。
 
 
 
  • 頭皮ケアをするならば朝シャンよりも夜シャンにしましょう
朝シャンは気持ちが良くて習慣にしている人も多いでしょうが頭皮ケアという視点から考えた場合にはとても危険をはらんでします。なぜならば朝シャンをする時間帯に関係しています。
 
この時間帯は出社前や通学前の時間帯になります。実は髪の毛もムクムクと起き上がる時間帯になっています。髪の毛にとってとても大切な時間になっており勢いよく成長して活性化するゴールデンタイムになります。
 
さらにほどよい皮脂は頭皮には不可欠です。これを朝シャンすることによって洗い流します。昼間の紫外線に対して無防備な状態を作ってしまうことになります。細菌が繁殖しやすくなるリスクもあります。
 
以上のような理由から朝シャンの危険性はご理解いただけたでしょう。長期的な観点からみるとお洒落のためにも清潔にとっても朝シャンはマイナスにしかならない生活習慣になります。
 
 
 
  • シャンプーの二度洗いは必要なのでしょうか?
シャンプーの二度洗いは頭皮の汚れや皮脂をキチンと洗い落とすという目的で良いと思われてきまいた。清潔そうなイメージがあってマイナス部分などなさそうです。実はここにも落とし穴があります。
 
例えば洗浄力が強いタイプのシャンプーを使っている場合です。複数回洗ってしまうことで頭皮を傷つけてしまう可能性があります。スカルプシャンプーの大半は天然由来成分が中心です。お肌にやさしい特徴があります。だとしてもメーカーが推薦する方法で使用するようにしましょう。頭皮ケアのポイントはできるだけリスク要因を廃除することです。
 
 
 
  • 頭皮ケアするために血行を良くする頭皮マッサージをやってみよう!
ふたつのマッサージをご紹介します。
1番目は、こめかみ周辺から4本指をつかって円を描くようにするマッサージです。
まずは、こめかみから耳の上部周辺に両側から親指を除いた4本の指を当ててください。親指の位置は耳の後側にくると思います。耳を包み込むようなイメージで4本の指を円を描く感じでマッサージしてください。
 
2番目は血流の方向に合わせて下部から頂上部に向かってのマッサージです。
1番目で行ったマッサージの一を少しずつ上に移動させてください。側頭部からじっくりじっくりと進めます。1箇所に数十秒かけてください。次第に頭頂部へ上がってゆきましょう。
 
頭の下の部分から上の部分へ移動する血流に沿ったマッサージです。血流が良くなれば新陳代謝を活性化させることができるのです。ポイントは決して爪を立てないことです。
 
 
 
  • ヘアケアからスカルプケア(頭皮ケア)へ
近頃では従来のヘアケアに対するアプローチが少し違ってきています。従来は髪の毛を綺麗にすることだけを考えていました。ですが最近では髪の毛の土壌でもある頭皮のケアの大切さが関心を集めています。これがスカルプケアなのです。抜け毛・薄毛に悩む人もスカルプケアに興味を持たれています。
 
 
 
  • 頭皮シャンプー(スカルプシャンプー)とは何?
スカルプは英語でScalpと呼ばれ、人間の頭皮という意味になっています。日本国内で髪の毛の悩みを持っている人は男女を問わず1,000万人以上いるという統計があります。その数は毎年増加しているのが現状です。
 
中でも最も多い髪の毛の悩みは「抜け毛」「薄毛」です。日本の成人男性の薄毛率はなんと25%を越えています。4人に1人は薄毛に悩んでいることになります。抜け毛や薄毛に悩むのは男性だけではありません。女性も年々悩む人が増えてきています。
 
そんな中で髪の毛が生えてくる土壌としての頭皮が注目を浴びることになってきています。髪の毛の悩みを改善するファーストステップとして髪の毛の土壌である頭皮を肥沃にしようという発想です。
 
シャンプーはもともと髪の毛を洗うためだけではありません。頭皮を洗う事も大切な目的だったのです。その大切な頭皮を考えて販売されているのがスカルプシャンプー(頭皮シャンプー)なのです。
 
 
 
  • 頭皮シャンプーはこれまでのシャンプーとどこが違うのか?
これまでのシャンプーは「天使の輪」とか「キューティクルを保つ」とかのキャッチフレーズに代表されるように髪の毛の見た目を綺麗にすることを主眼に置いていました。頭皮の状態をほとんど意識していませんでした。その結果、洗浄力・脱脂力が高く、必要な皮脂まで取り過ぎてしまうこともあったのです。
 
髪の毛の見た目を綺麗にすることはできました。ですがその一方で皮脂を取り過ぎるデメリットもあったのです。その結果として皮脂を過剰分泌することになったり、頭皮を乾燥させやすくなったりしました。肌荒れの原因にもなったのです。
 
では頭皮シャンプーの場合はどうでしょうか?
見た目を綺麗にすることだけは当然ですが、それだけではありません。頭皮をいかに綺麗で健康的な状態にするかを主眼に考えています。
 
薄毛や抜け毛で悩んでいる人達の頭皮を研究すると皮脂に問題がある人が圧倒的に多かったのです。皮脂の過剰分泌やよごれ・頭皮そのものが荒れてしまっていたりします。これが薄毛や抜け毛の原因の一つでした。だから、薄毛・抜け毛対策商品として頭皮シャンプー・スカルプシャンプーの必要性がでてきたわけです。
 
 
 
  • いかがでしたでしょうか?
抜け毛・薄毛に悩んでいる人は頭皮ケアをしてみてください。頭皮シャンプー・スカルプシャンプーを一度お試しになられると効果がでるかもしれません。まずはチャレンジすることが大切です。


ヘアケア おすすめ